賃貸マニュアル
賃貸トップ賃貸マンション アパート 比較賃貸 物件選び家賃相場間取り間取り表記賃貸 基礎知識賃貸の疑問賃貸に関するリンク集

賃貸 ライン 家賃の相場

部屋探しを始めるとき、最初に、予算を勘案しながら、自分が希望する地域の「家賃相場」を調べることが大切です。
家賃相場は地域ごとにほぼ決まっています。例えばワンルームマンションの相場が「7万円台」の地域で、「5万円台」の物件を探しても、見つかる可能性は低いということです。自分が払える予算と希望地域の家賃相場を比べてみて、予算の方が明らかに少ないときは、自分の希望条件を譲歩して、家賃相場がもっと安い別の地域で探す方が近道です。また、2月〜4月や9月は不動産会社の繁忙期で部屋数は多くなるものの競争が激しくなり、若干相場が高くなる傾向にあります。


地域と家賃の相関
家賃相場は地域ごとにほぼ決まっており、自分が払える予算と希望地域の家賃相場を比べて、予算が明らかに少ない場合、自分の希望条件を譲歩して、家賃相場がもっと安い別の地域で探す方が近道です。

・急行・特急の停車駅近辺
郊外に伸びる沿線では、急行・特急の停車駅は家賃が高めです。しかし、急行・特急の停車駅からターミナル駅に向かって1駅か2駅手前の地域は、交通の便はあまり変わらないのに、家賃相場は安くなります。

駅周辺
駅の周辺は、生活が便利で、土地の価格も高いので家賃も高めです。駅から徒歩10分以内では家賃相場は平均的に高いのが普通ですが、駅から徒歩15分を超えると安くなり、駅から徒歩20分を超えると、一般的にはバスを利用することになるので、家賃相場はかなり安くなります。

マンションとアパート
マンションとは、一般的に、3階建て以上で鉄筋コンクリート構造の物件、アパートは、2階建てで、木造や軽量鉄骨構造の物件を指します。家賃相場から見ると、アパートはマンションよりも2割程度安いです。


賃貸 ライン 賃貸マンションでもアパートでも、家賃相場は交通アクセスや街の環境によっても違います!!

賃貸マンションを例にとると、平均賃料が一番高水準なエリアは東京の都心部で、ワンルームが8万9,268円、1LDK・2DKが15万9,143円、2LDK・3DKが19万2,321円です。ところが、東京都の城西地区はそれぞれ8万528円、13万9,639円、16万6,584円、都下は6万3,421円、9万4,632円、11万2,606円、埼玉県西部地区は6万円、8万400円、9万7,700円ですから、相場はグンと下がります。
ただ、都心に近づくほど下落傾向が急ピッチですが、郊外ではほぼ横ばいになっています。特に都心部のワンルームは下限が前回の1.8%から2.4%に、上限が2.7%から3.6%に下落率が拡大していたり、1LDK・2DKは前回の2.1%上昇が2.8%の下落に転じたり、2LDK・3DKも前回の下限0.4%下落から0.5%上昇になったものの、上限が1.9%下落するなど値下がり基調がストップしていません。相場を上回る家賃設定でも完成即満室という事例もありますが、それらは特定層を狙った例外で、多くは値引きして成約しているというのが実態ですから、都心部の賃貸マンションの家賃下落が続くのは、やはり供給過剰が影響しているようです。 これに対して、埼玉県西部地区ではワンルームの下限が0.4%、上限が0.6%上昇しているし、1LDK・2DKは下限が0.3%、上限が1.8%の下落に止まり、2LDK・3DKも下限が0.7%下落、上限が0.9%上昇していますが、が、都心部に比べると比較的安定しています。アパート家賃も同様で、東京都の区部で弱含み状況が強まっていますが、埼玉県西部地区では1K・1DKの下限と2DKの上限が多少下落していものの、全体としてはほぼ堅調に推移しています。

Copyrightc 2008 CHINTAI・manual  All Right Reservrd.